井上トレーニングラボ

筋肉量が上がると基礎代謝があがる?

お問い合わせはこちら

堺市中区のパーソナルジム【井上トレーニングラボ】

筋肉量が上がると基礎代謝があがる?【いのラボ】

2021/05/26

筋肉量が上がると基礎代謝があがるっていうのは本当か?

 

いのラボコンディショニングベースの井上俊輝です。

  • 「トレーニングをして筋肉量が増えると基礎代謝が上がって痩せやすくなりますよ」というフレーズ、耳にしませんか?
    実際に痩せやすい身体になるのですが、筋肉量がどれぐらい増えたらどれぐらい痩せやすくなるのかお伝えします。

    ズバリ言います。

    筋肉量が1kg増えると、“13”kcalの基礎代謝が上がります。13kcalです。
    実際には内蔵の機能も上がるので50kcalぐらいの数字が上がる目安になります。

    体脂肪を1kg燃やすのに必要なカロリーは7200kcalなわけですが、筋肉量が1kg増えることで50kcalぐらいしかあがらないんですね。

    1週間=50kcal×7日=350kcal
    1ヶ月=50kcal×30日=1,500kcal
    1年=50kcal×365日=18,250kcal

    1年で約2.5kgの体脂肪を燃やせるようになるということなのですが、1年でたった2.5kgなら、トレーニングのモチベーションが上がりませんか?

    ちょっと待ってくださいっ💦

    mTOR:エムトーと呼ばれる筋肉の合成を促進させる細胞があります。そして、その成長を抑制するミオスタチンという遺伝子が存在します。
    また、筋肉を分解してエネルギーとして取り出そうとすることをオートファジーと言います。筋肉が無くなっていくのはこのオートファジーによるものです。
    mTORを活性化させることでミオスタチンとオートファジーを抑制することが出来ます。

    自然と無くなっていく筋肉を守る為に、トレーニングが必要なんですね。筋肉の役割は骨の支持と関節を動かすことなので、筋肉が無くなると身体を支えられなくなります。

    あなたの筋肉を守る為に、トレーニングを習慣化しましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。